不景気.com > 国内倒産 > 戸建て住宅のニシマツコーポレーションが民事再生法を申請

戸建て住宅のニシマツコーポレーションが民事再生法を申請

戸建て住宅のニシマツコーポレーションが民事再生法を申請

大阪の戸建て住宅分譲「ニシマツコーポレーション」は、大阪地方裁判所に民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1970年に設立の同社は、2009年9月に旧商号・西松建設から現商号へ改称。関西圏で戸建て住宅の分譲・建設・販売を「西松の家」ブランドで展開するなどして業績を上げていました。

しかし、不動産市況悪化の影響で収益が落ち込んだことに加え、分譲用地買収による多額の借入金が経営を圧迫したため、やむなく今回の措置に至ったようです。

負債総額は約40億円

同社によると、「裁判所監督の下で通常通り事業を継続し、経営再生を目指す」ことを明らかにしています。

民事再生手続開始の申立について

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事