不景気.com > 国内倒産 > 「ニューシティ・レジデンス投資法人」が2度目の民事再生法を申請

「ニューシティ・レジデンス投資法人」が2度目の民事再生法を申請

「ニューシティ・レジデンス投資法人」が2度目の民事再生法を申請

2008年10月に国内REITで初の倒産となった「ニューシティ・レジデンス投資法人」は、10月13日付で、東京地方裁判所に2度目となる民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1度目の民事再生法申請後に、米投資会社「ローンスター」を再生支援スポンサーとする再生計画案を提出したものの、債権者から同案が2度も拒否されたことで、東京地裁より再生手続の廃止決定が下されていました。

その間、大口債権者から支持を得ていた「大和ハウス」と「ビ・ライフ投資法人」が、新たな再生支援スポンサーとして名乗りを上げたため、債権者の意向を踏まえ、同社の下で再出発を果たすべく、2度目となる民事再生法の申請に至った模様。

今後は、既報の通り、「ビ・ライフ投資法人」に吸収合併される形で事業を継続する見通しで、再生支援スポンサーを巡って右往左往した同社の再建案は、ひとまず一件落着となりそうです。

ニューシティ・レジデンス投資法人の民事再生手続開始の再申立に関するお知らせ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事