不景気.com > 国内リストラ > 中山製鋼所が軽炉・コークスの2工場休止と200名の人員削減

中山製鋼所が軽炉・コークスの2工場休止と200名の人員削減

中山製鋼所が軽炉・コークスの2工場休止と200名の人員削減

大阪に本拠を置く「中山製鋼所」は、2010年6月末までに、同社が保有する「軽炉工場」と「コークス工場」の休止を明らかにしました。

運用コストの高止まりや設備の老朽化等を理由としたもので、2工場休止に伴い、関連人員200名の削減も予定されています。

景気悪化の影響で鉄鋼需要は急激に落ち込み、回復には2~3年程度の時間が必要なことから、販売量で2009年度上期の7割に相当する「10万トン/月」の水準でも収益が期待できる体制を整えるのが狙い。

また、同社では、2010年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益で200億円の赤字に陥る見通しを明らかにしています。

2010年3月期通期連結業績予想:中山製鋼所

売上 営業損益 純損益
前回予想 161億円 △10億円 △20億円
今回予想 157億円 △80億円 △200億円

鉄鋼事業の抜本的な構造改革による経営基盤強化に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事