不景気.com > 国内倒産 > 香川のバス運行「琴平参宮電鉄」(琴参バス)が特別清算を申請

香川のバス運行「琴平参宮電鉄」(琴参バス)が特別清算を申請

香川のバス運行「琴平参宮電鉄」(琴参バス)が特別清算を申請

香川県に本拠を置くバス運行事業者「琴平参宮電鉄」(琴参バス)は、高松地方裁判所から特別清算開始の決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

1911年に鉄軌道事業を行う「讃岐電気軌道」として設立された同社は、1922年に現社名へ商号変更。1963年には鉄軌道・鉄道事業から撤退すると、その後はバス事業を主力として運営を行っていました。

しかし、近年では利用客が減少し売上もジリ貧状態となり、バス事業の採算は悪化。別事業として行っていたテナントビル等の不動産賃貸で経営を維持していたものの、景気悪化により大手賃借先が撤退を決めると同事業も行き詰まりを見せ始め、経営は逼迫。

そのため、バス事業を生存させるべく新会社の「琴参バス」を設立し、同社を「大川自動車」に譲渡。

また、保有していた不動産等の資産譲渡に区切りが付いたため、9月18日付で解散が決議され、9月30日には特別清算開始に至ったようです。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事