不景気.com > 国内リストラ > 「キリン」が栃木と石川のビール工場を閉鎖へ、サントリー統合睨み

「キリン」が栃木と石川のビール工場を閉鎖へ、サントリー統合睨み

「キリン」が栃木と石川のビール工場を閉鎖へ、サントリー統合睨み

飲料大手の「キリンビール」は、キリングループ中期経営計画の一環として、栃木県と石川県にあるビール工場の閉鎖を発表しました。

対象となるのは、栃木県塩谷郡の「栃木工場」と、石川県白山市の「北陸工場」。2010年の最盛期後をめどに生産を終了し、工場設備などの移転により機能の集約を目指す予定。

同社では、「長期的な企業の競争力と生産性の継続的な向上を目指した」と説明しており、協議が進められているサントリーとの経営統合を視野に入れた施策と考えられます。

栃木工場は1979年に、北陸工場は1993年にそれぞれ操業を開始。両工場では主に「キリンラガービール」「キリン一番搾り生ビール」「麒麟淡麗」などを製造していました。

2010-2012年キリングループ中期経営計画(「KV2015ステージII」)

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事