不景気.com > 赤字決算 > JVCケンウッドが通期業績予想を200億円の赤字に下方修正

JVCケンウッドが通期業績予想を200億円の赤字に下方修正

JVCケンウッドが通期業績予想を200億円の赤字に下方修正

JVC・ケンウッド・ホールディングスは、2010年3月期の業績予想を下方修正し、通期の純損益が200億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2010年3月期・通期連結業績予想:

売上 営業損益 純損益
前回予想 4350億円 20億円 △100億円
今回予想 4300億円 △35億円 △200億円

これは、欧州や中国のビクター海外販売会社において、主にディスプレイ分野の規模縮小に伴う構造改革費用や、現地ディーラーとの販売促進費の見直し、在庫の再評価による減損処理を実施したことによるもの。

一方、「JVCビクター」と「ケンウッド」の統合効果も徐々に出始めているようで、得意とするカーナビゲーションシステム事業の強化と、民生・業務用途のビデオカメラ事業に注力していくことを、合わせて表明しています。

事業構造改革にともなう損失処理および平成22年3月期業績予想の修正

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事