不景気.com > 企業不況 > JALが事業再生ADR手続を検討、政府見解として伝わる

JALが事業再生ADR手続を検討、政府見解として伝わる

JALが事業再生ADR手続を検討、政府見解として伝わる

政府支援の下で経営再建を目指す「日本航空」(JAL)は、私的整理の一つである事業再生ADR手続の活用も視野に、再建策の検討を行っていることが明らかになりました。

読売新聞(電子版)によると、「有利子負債は8087億円に上り、利払いだけで175億円かかる。再建には負債の圧縮が不可避。」とのこと。

実際の手続においては、取引金融機関へ「債務の圧縮・放棄」や「DES」(債務の株式化)を要請することにより、金融債務の軽減を図ることが計画されているようです。

手続成立には、全取引金融機関からの同意が必要なため交渉難航が予想され、決裂した場合には法的整理が想定されることから、政府としても慎重に計画を進めたい考えです。

近頃では、事業再生ADR手続により経営再建を図る企業が増加しており、企業の新たな再生手法として注目が集まる一方、「経営の失敗を金融機関だけに押しつけるようだ」、との批判もあります。

「責任の所存が曖昧になるような再建策にはしてほしくない」と言うのが国民の意見ではないでしょうか。

日航に「私的再建手続き」...政府内で浮上 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事