不景気.com > 買収合併 > 日本航空が傘下のホテル事業「JALホテルズ」を売却方針

日本航空が傘下のホテル事業「JALホテルズ」を売却方針

日本航空が傘下のホテル事業「JALホテルズ」を売却方針

経営不振に陥っている「日本航空」(JAL)は、ホテル事業を運営する子会社「JALホテルズ」の売却を検討していることが明らかになりました。

巨額の債務超過となっている同社は、事業継続に必要な追加融資を受けるために、金融機関等から抜本的なリストラ策が求められており、その一環として傘下のホテル事業売却を検討している模様。

「銀座日航ホテル」や「ホテル日航大阪」などの直営ホテルを含む約60のホテルを運営しており、売却により本業へ注力し、一刻も早く経営再建のめどを立てたい方針。

TBSによると、その他、北海道で道内路線を運航する「北海道エアシステム」の売却も検討しているとのことで、事業整理は着々と進んでいるようです。

「日航再建案、「JALホテルズ」売却方針」 News i - TBSの動画ニュースサイト

日航子会社 「JALホテルズ」売却へ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事