不景気.com > 国内リストラ > イトーヨーカドーが30店舗の閉鎖へ、地方店が振るわず

イトーヨーカドーが30店舗の閉鎖へ、地方店が振るわず

イトーヨーカドーが30店舗の閉鎖へ、地方店が振るわず

イトーヨーカドーを運営する「セブン&アイ・ホールディングス」は、不採算店となる地方の中小型店を中心に、30店舗の閉鎖を検討していることが明らかになりました。

イトーヨーカドーは現在、全国に180店舗を展開していますが、消費不況を受けて6分の1の店舗網を閉鎖する大規模なリストラ策の実施に踏み切る模様。

日経新聞(電子版)によると、2010年2月期には「北海道・苫小牧店」や「静岡県・富士店」など4店が対象になっており、次期には7~8店の閉鎖を実施する見通しとのこと。

一方で、採算性が高い首都圏の大型店を積極的に出店する予定もあるようで、より高収益な体質を目指して経営を進めていくようです。

NIKKEI NET(日経ネット):ヨーカ堂、30店閉鎖へ 収益改善へ店舗再編

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事