不景気.com > 赤字決算 > インデックスHDが143億円の当期赤字へ下方修正

インデックスHDが143億円の当期赤字へ下方修正

インデックスHDが143億円の当期赤字へ下方修正

携帯電話向けコンテンツ開発等の「インデックス・ホールディングス」は、2009年8月期の業績予想を下方修正し、通期連結の純損益で143億円の赤字見通しを明らかにしました。

2009年8月期通期連結業績予想:

売上 営業損益 純損益
前回予想 800億円 27億4000万円 △84億円
今回予想 742億円5600万円 26億6400万円 △143億8300万円

純損益ベースで前回予想から約60億円の下方修正となった理由として、同社では、保有するコンテンツ版権の価値目減りによる減損処理(約19億円)や、株式売却損(約20億円)、関係会社の業績悪化による貸倒引当金繰入額の計上(約17億円)等の特別損失が発生したためと説明。

携帯電話向けコンテンツ事業は、競争激化により年々厳しさが増している状態で、さらに景気悪化の追い打ちにより売上も減少していることから、厳しい経営が続くと予想されます。

平成21年8月期通期連結業績予想の修正に関するお知らせ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事