不景気.com > 国内リストラ > ホンダが取引先部品メーカーに固定費3割減を要請、取引縮小で

ホンダが取引先部品メーカーに固定費3割減を要請、取引縮小で

ホンダが取引先部品メーカーに固定費3割減を要請、取引縮小で

自動車大手の「ホンダ」は、主な取引先部品メーカーに対して、人件費など固定費の約3割を削減するよう要請していることが明らかになりました。

読売新聞(電子版)が伝えたもので、「国内生産台数はピーク時に比べて約3割減の90万台となる見通しで、大幅な回復は難しい」との判断から、異例の要請に至ったようです。

その他、円高による為替差損が同社の収益を圧迫していることは明らかで、今後は為替リスクを回避するためにも、海外での現地生産を強化していく方針。

景気悪化や円高を背景として、生産拠点を海外に移管する気運が高まっており、国内での雇用の受け皿が縮小していくとの懸念もあります。

ホンダ、国内生産縮小...取引先に経費3割減要請 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事