不景気.com > 国内倒産 > 五島カントリークラブ運営の「福江開発」が民事再生法を申請

五島カントリークラブ運営の「福江開発」が民事再生法を申請

五島カントリークラブ運営の「福江開発」が民事再生法を申請

長崎県五島市のゴルフ場・五島カントリークラブを運営する「福江開発」は、長崎地方裁判所に民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1969年に設立の同社は、1971年に五島市で初めてとなるゴルフ場「五島カントリークラブ」をオープンし、観光資源の目玉として利用者を増加させていました。

しかし、近年では島内人口や観光客の減少により、利用者はピーク時から半減するなど厳しい経営状況に陥っていた模様。

そのため、資金繰りが逼迫する中で償還期限を迎えた預託金の返還が困難となり、今回の措置に至ったようです。

負債総額は、約15億円の見通し。

asahi.com:福江島ゴルフ場 民事再生法申請-マイタウン長崎

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事