不景気.com > 海外リストラ > GMが「サターン」の廃止を表明、ペンスキーへの売却不成立で

GMが「サターン」の廃止を表明、ペンスキーへの売却不成立で

GMが「サターン」の廃止を表明、ペンスキーへの売却不成立で

アメリカの自動車大手「ゼネラル・モータース」(GM)は、傘下の小型車ブランド「サターン」に関して、2009年末で生産中止、2010年末でのブランドの廃止を明らかにしました。

これは、暫定合意していたディーラー大手「ペンスキー・オートモーティブ・グループ」との買収交渉が、最終局面において破談に終わったための措置。

関係筋によると、ペンスキー・グループが仏「ルノー」との間で交渉していた自動車のOEM供給が破談となり、買収を断念せざるを得ない状況となったようです。

GMは破産処理の過程で主要ブランドに注力する姿勢を表明しており、廃止が決まった「ポンティアック」に続き、サターンも同様の道を歩むことになりました。

GM to shut down Saturn after deal with Penske falls apart - USATODAY.com

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事