不景気.com > 国内リストラ > 「フルキャストテクノロジー」の希望退職、当初の2倍・206名が応募

「フルキャストテクノロジー」の希望退職、当初の2倍・206名が応募

「フルキャストテクノロジー」の希望退職、当初の2倍・206名が応募

エンジニアなどの技術系人材派遣を行う「フルキャストテクノロジー」は、実施していた希望退職者の募集に206名が応募したことを明らかにしました。

これは、同社が9月18日付で公表していた、待機技術者等に向けた人員削減策の一環で、当初予定していた募集人員100名のおよそ2倍となる従業員206名が応募。

同社では応募者全員の受け入れを表明し、2009年9月期に退職特別加算金として1億1700万円の特別損失を計上。一方で、来期以降、年間約6億2000万円の人件費削減効果を見込んでいます。

また、派遣契約更新の打ち切りや価格引き下げ要求、稼働時間短縮などにより、2009年9月期業績予想を下方修正し、当期純損益で10億5800万円の赤字に陥る見通し明らかにしています。

2009年9月期通期業績予想:

売上 営業損益 純損益
前回予想 67億円 1億5000万円 0
今回予想 65億100万円 2億2800万円 △10億5800万円

希望退職者募集の結果に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事