不景気.com > 景気対策 > エコカーの補助金制度、活用率は2割前後で失速の懸念も

エコカーの補助金制度、活用率は2割前後で失速の懸念も

エコカーの補助金制度、活用率は2割前後で失速の懸念も

政府が景気対策の柱として実施している「エコカーの補助金制度」において、活用率は2割前後にとどまっていることが明らかになりました。

社団法人「次世代自動車振興センター」が発表した補助金の申請状況によると、交付決定金額は198億9000万円で総予算の5%程度にとどまり、申請済み件数から導き出した概算値(780億円)も総予算の2割程度となっています。

件数 金額
交付決定 18万6143台 198億9000万円
申請済み 約73万台 *約780億円
予算 約280万台 約3700億円

*交付決定金額・件数と申請受付件数から計算した概算値

未申請分や申請書類不備などで手続が済んでいないものを含めると、実際の活用率は若干上回ると考えられますが、補助金の申請期限まで半年を切っていることから、活用率は想定より大きく下回っていると言えます。

エコカー補助金申請状況

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事