不景気.com > 国内リストラ > 求人情報誌の「アルバイトタイムス」が人員削減と大阪版の休刊

求人情報誌の「アルバイトタイムス」が人員削減と大阪版の休刊

求人情報誌の「アルバイトタイムス」が人員削減と大阪版の休刊

求人情報誌「DOMO」などを発刊するジャスダック上場の「アルバイトタイムス」は、人員削減や事業所閉鎖等を柱とするリストラ策の実施を明らかにしました。

希望退職者募集の対象となるのは、今期入社の新入社員を除く正社員で、募集人員は100名程度。退職日は2009年12月31日で、退職者には特別退職金を別途支給する予定。

また、業績悪化に陥った責任の所存を明確にするため、役員報酬を一律50%減額するほか、一般社員・管理職の2010年2月期の賞与(上期・下期)を不支給とする見込み。

その他、同社が発刊する求人情報誌「DOMO」の大阪版を休刊とし、それに伴い大阪事業所を閉鎖することも合わせて発表しました。

景気低迷の影響で求人需要は大幅に減少しており、厳しい状況を打開するためには固定費削減などの抜本的な改革が必要と判断したようです。

経営合理化の取組みに関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事