不景気.com > 国内倒産 > 神奈川の不動産業「武甲建物」が破産手続決定受け倒産

神奈川の不動産業「武甲建物」が破産手続決定受け倒産

神奈川の不動産業「武甲建物」が破産手続決定受け倒産

今年6月に事業を停止し、破産手続きの準備を進めていた神奈川の不動産業「武甲建物」は、9月16日付で横浜地裁から破産開始の決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

1999年に設立の同社は、神奈川県内を商圏に、マンション等の不動産売買・仲介事業を主力とする中堅の不動産業者。

静岡商工データによると、「資金繰り悪化から小田原市内の分譲マンション建設がストップした」とのことで、事業の継続が困難な状況に追い込まれていたようです。

負債総額は、約24億400万円

武甲建物倒産情報 静岡商工データ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事