不景気.com > 買収合併 > 「ビックカメラ」が「ソフマップ」を完全子会社化、1月に上場廃止へ

「ビックカメラ」が「ソフマップ」を完全子会社化、1月に上場廃止へ

「ビックカメラ」が「ソフマップ」を完全子会社化、1月に上場廃止へ

家電量販店大手の「ビックカメラ」は、発行済普通株式の40.86%を保有する中古パソコン販売「ソフマップ」の完全子会社化を明らかにしました。

それによると、ビックカメラ1株に対してソフマップ0.005株を割り当てる株式交換により完全子会社化を実施する予定で、交付する新株式数は普通株式4万7624株。

これまでも、商品仕入の共同化や新品・中古品買取などの棲み分けにより提携関係を築いていましたが、消費が冷え込む中で、さらなるグループ協働体制が不可避との判断から、完全子会社化を決定したようです。

なお、東証2部上場のソフマップは、2010年1月25日を以て、東京証券取引所から上場廃止となる見込みです。

株式会社ビックカメラによる株式会社ソフマップの株式交換による完全子会社化に関するお知らせ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事