不景気.com > 海外倒産 > トラック用ホイールの「アキュライド」が破産法11章を申請し倒産

トラック用ホイールの「アキュライド」が破産法11章を申請し倒産

トラック用ホイールの「アキュライド」が破産法11章を申請し倒産

トラック用ホイール製造大手の米「アキュライド・コーポレーション」は、デラウェア州の連邦破産裁判所に破産法第11章の適用を申請し、倒産したことが明らかになりました。

タイヤメーカーの「ファイヤーストーン」から独立したホイール部門を母体として、1986年に設立された同社は、主にトラック等の業務用大型車向けタイヤホイールの製造を手掛けていました。

しかし、自動車不況の影響で売上が減少し、大幅な債務超過に陥ったため、事業継続には収支バランスの改善が不可欠との判断から、事前調整型の破産法申請に至ったようです。

負債総額は、8億4700万ドル(約750億円)。

業務は通常通り続け、主要債権者から5000万ドル(約44億円)のDIPファイナンスを受け、早期再建を目指す模様。

Accuride Corporation

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事