不景気.com > 不景気ニュース > 「横浜開国博」の入場者数が低調、123万人で目標の25%

「横浜開国博」の入場者数が低調、123万人で目標の25%

「横浜開国博」の入場者数が低調、123万人で目標の25%

9月27日に閉幕した横浜開港150周年を記念するイベント「横浜開国博」は、期間中の総有料入場者数が目標の500万人に遠く及ばない123万9325人となり、低調に終わったことが明らかになりました。

目標とする有料入場者数の4分の1以下という結果に終わったことで、市や協会の責任問題にも発展する可能性が取り沙汰されています。

各イベントを見渡してみても、強気の値段設定が節約志向の消費者に敬遠されたことに加え、無料で楽しめるイベントが極端に少なかったことで、客足自体も減少させたと考えられます。

また、イベントを誘致した中田前横浜市長が期間中に突然の辞職に至ったことで、イベントの舵取り役を失ったことも影響したと言えそうです。

東京新聞:入場者目標 遠く及ばず 横浜開国博閉幕:社会(TOKYO Web)

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事