不景気.com > 企業不況 > ウィルコムが事業再生ADR申請へ、私的整理で返済猶予を要請

ウィルコムが事業再生ADR申請へ、私的整理で返済猶予を要請

ウィルコムが事業再生ADR申請へ、私的整理で返済猶予を要請

PHSの「ウィルコム」は、私的整理の一つである事業再生ADR手続を申請する方針であることが、各紙の報道で明らかになりました。

それによると、主力行である三菱東京UFJ銀行などへ、約1000億円に及ぶ債務の返済期限延長を要請することを検討している模様。債務放棄や債務の株式化(DES)は求めない考え。

通話料無料やデータ通信定額制で一部のユーザーから支持を集めたものの、最近では携帯電話事業者との競争が激化し、契約者数を減少させるなどして経営はジリ貧状態に陥っていました。

そのため、同社では10月からサービス開始する高速データ通信規格「XGP」で巻き返しを図る見通しですが、莫大な設備投資が重しとなり、資金繰りに逼迫しているようです。

産経新聞(電子版)によると、「設備投資の資金調達を巡り銀行との交渉が難航」したとのこと。また、新たな資金策として、政府が設立する企業再生支援機構への支援要請も検討している模様。

なお、ウィルコムでは、「さまざまな可能性を検討していますが現在決まったものはありません」旨のリリースが出されています。

「ウィルコム私的整理へ 銀行団に返済期限延長を要請」:イザ!

WILLCOM|本日の一部報道について

(追記:2009/09/24)

同社は、事業再生ADR手続の申請を正式に表明。

WILLCOM|事業再生ADR手続利用のお知らせ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事