不景気.com > 国内倒産 > 建機製造の「トモエ電機工業」が民事再生法を申請

建機製造の「トモエ電機工業」が民事再生法を申請

建機製造の「トモエ電機工業」が民事再生法を申請

建設機械などを製造する「トモエ電機工業」は、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1957年に各種蓄電池・蓄電池機関車等の販売修理業として設立の同社は、工事用バッテリー機関車「サーボロコ」等の建機・産業車輌の製造を主力とし業績を上げ、1985年には「日菱レンタル」の経営権を取得し、事業規模を全国に拡大していました。

しかし、景気低迷の影響を受け建設業者からの受注が急減したことに加え、多額の借入金が資金繰りを逼迫させたため、今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約97億9400万円。また、関係会社の日菱レンタルも同様の措置が取られ、2社合わせた負債額は約103億2400万円

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事