不景気.com > 買収合併 > サントリーが仏飲料「オレンジーナ」買収へ、2500億円超

サントリーが仏飲料「オレンジーナ」買収へ、2500億円超

サントリーが仏飲料「オレンジーナ」買収へ、2500億円超

飲料大手の「サントリー」は、フランスの清涼飲料メーカー「オレンジーナ」を買収することで最終局面を迎えていることが明らかになりました。

1951年に創業したオレンジーナは、オレンジ果汁の炭酸水(ファンタ・オレンジに近い)を主力に、西欧諸国で人気を持つ清涼飲料メーカー。

創業後、数々の企業に買収され、2006年には英「キャドバリー」から、米「ブラックストーン」と英「ライオン・キャピタル」の投資会社連合の傘下に入っていました。

買収金額は明らかにされていませんが、関係筋によると、投資会社連合が06年に買収した26億ドル(約2400億円)を上回る金額が予想されるとのこと。

サントリーは、昨年にもニュージーランドの飲料メーカー「フルコア」を買収したばかり。国内でも、キリン・ホールディングスとの統合を検討しているなど、国内市場のジリ貧が続く中で、攻めの戦略に打って出ているようです。

Blackstone, Lion Capital Near Sale of Orangina - DealBook Blog - NYTimes.com

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事