不景気.com > 買収合併 > レナウンが子会社の英国ブランド「アクアスキュータム」を売却

レナウンが子会社の英国ブランド「アクアスキュータム」を売却

レナウンが子会社の英国ブランド「アクアスキュータム」を売却

アパレル大手のレナウンは、9月8日付で連結子会社「アクアスキュータム」の全株式を、イギリスの「ブロードウィック・グループ」に売却することを明らかにしました。

アクアスキュータムは、ロンドン・リージェントストリートの仕立て屋から生まれた伝統あるブランドで、特にレインコートは世界的に知られた名品。

また、アクアスキュータムのアジア圏における商標権を、香港の「YGMマート」に売却することでも合意。今後は、レナウンが同社からライセンス契約を受けて、日本国内での販売を続ける見通し。

景気低迷により経営危機に陥っているレナウンは、経営再建を目指した「新経営戦略」の一環として、今回の子会社売却を決めた模様。

なお、売却金額は明らかにされていません。

連結子会社の異動(譲渡)及び商標権の譲渡に関するお知らせ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事