不景気.com > 企業不況 > ラディアホールディングスが100%減資で10月に上場廃止

ラディアホールディングスが100%減資で10月に上場廃止

ラディアホールディングスが100%減資で10月に上場廃止

人材派遣大手の「ラディアホールディングス」(旧グッドウィルグループ)は、100%減資を実施し、10月にも上場廃止になる見通しであることが明らかになりました。

事業再生ADR手続にて経営再建中の同社は、「100%減資」を実施するための定款変更を、次回株主総会(9月28日開催)に向け付議することを表明。

これが承認されれば、9月28日から10月28日までの1ヶ月間、整理銘柄に指定された後、10月29日に東京証券取引所から上場廃止となる見込み。

100%減資とは、大幅な債務超過に陥った企業(通常は企業再生に伴う倒産処理)が、資金確保のために実施する手法。100%減資で現株式を無効化した後、新たに第三者割当増資などで新株を発行し資金を確保。その資金を、債務返済や運転資金に当て経営再建を図るもの。

定款の一部変更および全部取得条項付種類株式の取得に関するお知らせ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事