不景気.com > 国内倒産 > 「ピエール・ガニェール・ア・東京」が破産決定受け倒産

「ピエール・ガニェール・ア・東京」が破産決定受け倒産

「ピエール・ガニェール・ア・東京」が破産決定受け倒産

東京・南青山でフランス料理店「ピエール・ガニェール・ア・東京」を運営していた「P.G.Japan」が、東京地方裁判所より破産手続開始の決定を受けて倒産したことが明らかになりました。

同社は、著名フランス料理シェフ「ピエール・ガニエール」氏と提携の下、同氏の名を冠したレストラン「ピエール・ガニェール・ア・東京」を運営。

2005年にオープンした同店は、ミシュランガイド東京で2つ星に輝くなど、ガニエール氏の知名度を活かして上々の評判を得ていました。

しかし、出店に多額の投資を行っていたことに加え、折からの景気低迷により売上も低調に推移したため、8月末日をもって同店を閉鎖していました。

負債総額は、約5億3700万円の見込み。

なおガニエール氏は、同氏直接経営の下で再度日本に出店する意向があるようで、同氏ファンの方は期待して待つ価値がありそうです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事