不景気.com > 国内リストラ > 計測器を扱う「日本電計」が人員削減と賞与減額を実施へ

計測器を扱う「日本電計」が人員削減と賞与減額を実施へ

計測器を扱う「日本電計」が人員削減と賞与減額を実施へ

ジャスダック上場で計測器を扱う総合商社「日本電計」は、人員削減を柱としたリストラ策の実施を明らかにしました。

それによると、全社員・嘱託を対象にした50名程度の希望退職者を募集し、人員の適正化を予定。

さらに、2009年12月期の賞与を、前年実績の2.2ヶ月分から0.5ヶ月分へ減額し、正社員の一部手当についても10月から支給を停止する見通し。

この他、嘱託社員の給与を約5%カットし、今年1月から実施している役員報酬の減額も継続するとのこと。

一方、新潟・松山・北九州の3営業所を、9月20日をめどに近隣営業所へ統合する予定。

同社では、景気低迷以来、経営合理化策を継続して行っていますが、顧客の設備投資意欲が回復傾向にないことから、今後も売上が低調に推移するとして、抜本的なリストラ策を打ち出した模様。

人員削減等の合理化に関するお知らせを掲載致しました。

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事