不景気.com > 買収合併 > 関西アーバン銀行が心斎橋の本店ビルを244億円で売却へ

関西アーバン銀行が心斎橋の本店ビルを244億円で売却へ

関西アーバン銀行が心斎橋の本店ビルを244億円で売却へ

関西地方を拠点とする第二地方銀行の「関西アーバン銀行」は、大阪市中央区にある本社ビルを244億円で売却することを明らかにしました。

対象となるのは西心斎橋1丁目の「心斎橋アーバンビル」で、売却先は京阪神不動産。この売却により、同行は100億円の売却益を得る見込み。

また、売却後も京阪神不動産と賃貸契約を結び、引き続き本店として使用していく予定。

同行では、地価下落を受けて担保評価の見直しを実施。その結果、与信関係費用が大幅に増加したため、本社ビルの売却益により補填する意味もあったようです。

固定資産の売却に関するお知らせ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事