不景気.com > 買収合併 > 「ホッコク」が倒産したアプレシオの支援スポンサーを辞退

「ホッコク」が倒産したアプレシオの支援スポンサーを辞退

「ホッコク」が倒産したアプレシオの支援スポンサーを辞退

飲食店を展開する「ホッコク」は、2009年6月に民事再生法の適用を申請したネットカフェ大手「アプレシオ」の再生支援スポンサーを辞退することを明らかにしました。

札幌ラーメン「どさん子」等をフランチャイズ展開するホッコクは、負債額約22億円を抱え倒産したアプレシオの再生支援スポンサーに内定し、7月中旬の正式合意に向け協議を重ねていました。

しかし、フランチャイズオーナーからのロイヤリティー低減要請が強いことに加え、協議の過程で経営陣から正確な情報の開示がないなど信頼関係を築くことが難しいため、今回のスポンサー辞退を決定したとのこと。

これによりアプレシオの再生計画が振り出しに戻った格好で、このまま他の支援スポンサーが現れなければ、破産の可能性も否定できない状況となりそうです。

株式会社アプレシオの再生支援に係るスポンサー辞退に関するお知らせ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事