不景気.com > 海外倒産 > フリーダム・コミュニケーションズが破産法11章を申請し倒産

フリーダム・コミュニケーションズが破産法11章を申請し倒産

フリーダム・コミュニケーションズが破産法11章を申請し倒産

アメリカの地方紙などを発刊「フリーダム・コミュニケーションズ」は、デラウェア州の連邦破産裁判所に破産法第11章の適用を申請し倒産したことが明らかになりました。

同社は、カリフォルニア州の有力地方紙である「オレンジ・カウンティー・レジスター」を筆頭に、アメリカ全土で新聞75紙以上を展開し、8つの地方テレビ局を持つ老舗メディア事業者。

しかし、活字離れによる新聞の売り上げ減に、広告収入の悪化が重なり、資金繰りが行き詰まった模様。

負債額は、10億ドル(約930億円)以上の見通し。

アメリカ国内では、景気低迷による広告収入の悪化が影響し、新聞社を中心にメディア事業者の倒産が相次いでいます。

Freedom Communications files for Chapter 11 - Yahoo! News

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事