不景気.com > 買収合併 > 大和SMBCの合弁解消、三井住友の日興買収をきっかけに

大和SMBCの合弁解消、三井住友の日興買収をきっかけに

大和SMBCの合弁解消、三井住友の日興買収をきっかけに

「大和証券グループ本社」と「三井住友フィナンシャルグループ」は、両社が出資するホールセール(法人向け)証券会社「大和証券SMBC」の合弁を解消することを明らかにしました。

平成10年に大手証券会社と大手銀行との提携で始まった合弁事業は、三井住友による同業「日興コーディアル証券」の買収をきっかけに、約10年で幕を閉じることになりました。

両社では、出資比率(大和6割:三井住友4割)を巡り、証券業務を主要事業として育てたい三井住友と、証券会社として出資比率を維持したい大和証券との間で、主導権争いがあった模様。

今後は、大和証券が三井住友の保有する普通株式1520株を取得し、100%子会社として運営していくとのこと。

ホールセール証券事業に関する合弁解消に伴う子会社株式の取得に関するお知らせ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事