不景気.com > 企業不況 > クロスプラスが婦人服SPA子会社「サロット」を解散

クロスプラスが婦人服SPA子会社「サロット」を解散

クロスプラスが婦人服SPA子会社「サロット」を解散

東証・名証2部上場のアパレルメーカー「クロスプラス」は、婦人服を展開する100%子会社「サロット」(SALOTTO)の解散および清算を明らかにしました。

サロットは、2006年6月に設立された婦人服等のSPA(企画製造小売)事業者。東京・青山で1号店を開店したのをきっかけに、新宿高島屋・有楽町阪急・六本木ヒルズに店舗を展開していました。

しかし、設立以降、業績が伸び悩んでいたことに加え、景気低迷により消費者の節約志向が高まったことで販売は低調に推移。そのため、今後の業績回復は見込めないと判断し、解散および清算を決定した模様。

今後は、9月30日に当該子会社で解散を決議し、2010年1月末をめどに清算が完了する見通し。

子会社の解散及び清算に関するお知らせ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事