不景気.com > 国内倒産 > SC「シピィ」の管理運営「武生商業開発」が民事再生法を申請

SC「シピィ」の管理運営「武生商業開発」が民事再生法を申請

SC「シピィ」の管理運営「武生商業開発」が民事再生法を申請

福井県越前市にあるショッピングセンター・シピィを管理運営する「武生商業開発」は、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1980年に設立の同社は、1988年にショッピングセンター・シピィをオープン。「アピタ」を中核に専門店等で構成され、地元では相応の知名度を有し業績も順調に推移していました。

しかし、景気低迷のよる消費意欲減退により売上はジリ貧状態となる一方、多額の借入金が資金繰りを逼迫し、今回の措置となったようです。

福井新聞(電子版)によると、負債総額は約54億3000万円で、内訳は金融機関からの借入金が35億円、テナントの敷金・保証金が15億円、一般債権が3億7200万円など。

また、福井県内では過去最大となるショッピングセンターの倒産とのことです。

~シピィ運営会社が民事再生申請 負債54億円、営業は継続~ 福井新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事