不景気.com > 企業不況 > ADR申請や債務超過など「気になる上場企業10社」のまとめ

ADR申請や債務超過など「気になる上場企業10社」のまとめ

ADR申請や債務超過など「気になる上場企業10社」のまとめ

昨秋からの景気低迷の影響を受けて企業経営には厳しい状況となっていますが、中でも不景気なニュースが多く飛び込んできた企業を中心に「気になる上場企業」としてまとめてみます。

企業名 市場 注記
アイフル 東1 ADR申請で金融機関に返済猶予を要請
ラディアHD 東2 債務超過・100%減資で上場廃止、ADR申請
コスモスイニシア JQ ADR手続遅延も大和ハウスが支援へ、従業員半減
日本エスコン JQ 資金繰り逼迫、ADR手続遅延も協議継続中
シンワオックス 大2 前社長の横領問題、賃料未払い訴訟、赤字転落
JDC信託 東M 粉飾決算・不正流用で信託免許取消、監理銘柄へ
ヤマノHD JQ 資金繰り逼迫、債務超過継続すれば上場廃止も
アイディーユー 東M 度重なる人員削減、規模縮小も主力事業に注力
アルデプロ 東M 金融機関に返済猶予を要請、決算発表遅延

傾向として、私的整理の一つである事業再生ADR手続を申請する企業が増加しているように感じ、そのほとんどが金融機関に対して返済債務の猶予を求める内容となっています。

しかし、ADR手続における協議が不調に終わった場合には、即、法的整理に繋がる可能性もあり、当事者もしくは株主にとっては、予断を許さぬ状況と言えます。

その他、債務超過等により上場廃止基準に接触する場合など、早期に業績回復を求められる企業も多く、依然として厳しい経済環境に置かれているのが現状のようです。

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事