不景気.com > 国内リストラ > ビクター子会社が100人の希望退職者募集を実施

ビクター子会社が100人の希望退職者募集を実施

ビクター子会社が100人の希望退職者募集を実施

日本ビクターの子会社で、民生・業務用機器のアフターサービスを行う「ビクターサービスエンジニアリング」は、約100人に及ぶ早期退職優遇措置の実施を明らかにしました。

対象となるのは35歳以上の社員で、退職日は9月30日の予定。

同社では、サービス体制の再構築や早期退職優遇措置等によるリストラ策をすでに実施。しかし、修理需要や修理部品出荷量の減少により、更なるコスト削減が必要との判断から、今回の早期退職優遇措置を実施するようです。

また、日本ビクターなどを傘下に持つ「JVCケンウッドホールディングス」は、2010年3月期通期業績予想を公表し、当期純損益では前回予想の0円から100億円の赤字に転落する見通しを明らかにしています。

■2010年3月期通期業績予想:

売上 営業損益 純損益
前回予想 4300億円 95億円 0円
今回予想 4350億円 20億円 -100億円

早期退職優遇措置に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事