不景気.com > 企業不況 > アーバンエステートを提訴へ、施主ら住宅工事未着工で

アーバンエステートを提訴へ、施主ら住宅工事未着工で

アーバンエステートを提訴へ、施主ら住宅工事未着工で

今年4月に破産した埼玉の木造注文住宅「アーバンエステート」に対して、施主24人が計2億2000万円の損害賠償を求め、さいたま地方裁判所に提訴したことが明らかになりました。

問題となっているのは、「同社が破綻状態にありながら、前払金と称して不正に資金を得ていた」疑いがあることで、7月上旬には詐欺容疑でも刑事告訴された模様。

被害額が一番多い原告は1700万円以上と見られ、今回の提訴で原告に含まれていない被害者を含めると、首都圏で500棟以上の未着工物件があるとのこと。

4.5寸檜を使った高品質な木造住宅を得意とし、60年保証やテレビCMなどにより知名度を上げていましたが、景気悪化の影響を受け資金繰りに逼迫、50億円以上の負債を抱え倒産に追い込まれていました。

asahi.com(朝日新聞社):アーバンエステート側を提訴 施主24人、損害賠償求め

住宅未着工、施主24人が提訴...埼玉 : 社会 : YOMIURI ONLINE

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事