不景気.com > 不景気ニュース > 大阪の「サントリーミュージアム天保山」が12月末で休館へ

大阪の「サントリーミュージアム天保山」が12月末で休館へ

大阪の「サントリーミュージアム天保山」が12月末で休館へ

サントリーホールディングスは、同社の文化事業として運営している大阪市の「サントリーミュージアム天保山」を、2009年12月末で休館することを明らかにしました。

今後の活動は、東京都港区六本木にある「サントリーミュージアム」に集約させる方針で、閉鎖後の施設利用に関しては大阪市と協議するとのこと。

1994年に建築された同施設は、サントリー創業90周年を記念して、創業の地である大阪・天保山ハーバービレッジに誕生しました。

著名建築家である安藤忠雄氏設計のもと、ギャラリーや映画館、カフェなどを備える複合施設として人気を得ていましたが、近年は入場者数も減少して採算が悪化していたため、休館を決断したようです。

ミュージアムについて サントリーミュージアム[天保山] サントリー

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事