不景気.com > 企業不況 > 神奈川の百貨店「さいか屋」が事業再生ADR手続を申請

神奈川の百貨店「さいか屋」が事業再生ADR手続を申請

神奈川の百貨店「さいか屋」が事業再生ADR手続を申請

神奈川県の川崎・藤沢・横須賀で3店舗の百貨店を運営する「さいか屋」は、事業再生実務家協会に事業再生ADR手続の申請を行い、受理されたことを明らかにしました。

昨今の経済危機により個人消費が落ち込む中、同社では「第三者割当増資による資金調達」や「クレジット事業の外部委託化」などで財務強化を実施したものの、状況は好転せず資金繰りに逼迫。抜本的な財務体質改善が必要との考えから、事業再生ADR手続の利用を決定したようです。

事業再生計画案のなかでも焦点となるのは、「取引金融機関等に対して債務免除を求める」ことで、金融機関との協議内容によっては、法的整理への展開も予想されます。

同社の実質的親会社である「雑賀屋不動産」は、同日付で特別清算申請の方針を表明。保有する「さいか屋」株式においては、金融機関等債権者に対する返済原資とする予定。

また、創業者一族が保有する「さいか屋」株式においては、無償提供を要請し、提供された株式を償却するとのこと。

事業再生ADR手続の正式申請及び受理に関するお知らせ

「雑賀屋不動産」が特別清算を申請へ、負債174億円

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事