不景気.com > 海外倒産 > 出版大手「リーダーズ・ダイジェスト」が破産法の申請へ

出版大手「リーダーズ・ダイジェスト」が破産法の申請へ

出版大手「リーダーズ・ダイジェスト」が破産法の申請へ

アメリカの出版大手「リーダーズ・ダイジェスト・アソシエーション」は、大幅な債務圧縮を目的とした連邦破産法第11章の適用を申請する方針であることが明らかになりました。

87年の歴史を持つ老舗出版業者は、月刊誌「リーダーズ・ダイジェスト」を筆頭に数々の雑誌を発刊。また、巨大レシピサイト「AllRecipes.com」を運営するなどして業績を上げていました。

しかし、出版不況により販売部数が減少していたことに加え、景気悪化が重なり債務の利払いが不能となるなど経営を圧迫。

そのため、主要債権者に対して16億ドル(約1500億円)に及ぶ債務を株式化することで基本合意し、今後は、事前調整型の倒産処理で債務の圧縮を目指す模様。

破産法申請期間中も事業は通常通り行い、再建後には、現在の負債額22億ドル(約2078億円)から5億5000万ドル(約519億円)へ大幅に削減される見通し。

Reader's Digest Plans Chapter 11 Filing - DealBook Blog - NYTimes.com

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事