不景気.com > 買収合併 > 日産とクライスラーがOEM提携を解消、フィアット出資の影響で

日産とクライスラーがOEM提携を解消、フィアット出資の影響で

日産とクライスラーがOEM提携を解消、フィアット出資の影響で

日産自動車とクライスラーは、合意していた「相互OEM供給」(相手先ブランド)による業務提携の解消を明らかにしました。

それによると、日産自動車は小型車を、クライスラーは大型ピックアップをそれぞれ相互供給することで合意してとのこと。

しかし、倒産したクライスラーは、フィアットの下で経営再建を目指すことになり、その一環として小型車の供給を受ける支援策が盛り込まれたため、日産との提携解消に至った模様。

一方、日産も景気低迷を受けて燃費性能の高い小型車に注力し、経営改善を急ぐことが得策との考えもあったようです。

自動車:日産とクライスラー 車両相互供給の業務提携解消 - 毎日jp(毎日新聞)

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事