不景気.com > 国内倒産 > 映画配給「ムービーアイ・エンタテインメント」が自己破産申請し倒産

映画配給「ムービーアイ・エンタテインメント」が自己破産申請し倒産

映画配給「ムービーアイ・エンタテインメント」が自己破産申請し倒産

映画配給等を行う「ムービーアイ・エンタテインメント」は、東京地方裁判所に自己破産の申請を行い、倒産したことが明らかになりました。

2000年に設立の同社は、「映画宣伝事業」から出発し「映画配給事業」や「コンテンツ版権事業」「制作事業」などを行う映画・映像エンタテインメント事業者。

なかでも、2005年の「ミリオンダラーベイビー」や、2006年の「クラッシュ」、2008年の「フィクサー」など、映画賞受賞作品を中心に人気映画の配給を行っていました。

しかし、作品の買い付けには多額の資金が必要となることから、上場による資金調達を目指すも景気悪化で計画は頓挫。一方で、上場を前提とした資金繰りを行っていたことで、経営が徐々に悪化していました。

増資や各所への支援依頼等で資金繰りに奔走したものの、結果的には支払いに留保が生じたため、今回の措置になった模様。

帝国データバンクによると、負債総額は約42億円だが、今後変動する可能性があるとのこと。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事