不景気.com > 企業不況 > 投資ファンド「マーベラス・キャピタル・インベストメント」が業務停止

投資ファンド「マーベラス・キャピタル・インベストメント」が業務停止

投資ファンド「マーベラス・キャピタル・インベストメント」が業務停止

関東財務局は、投資ファンドの「マーベラス・キャピタル・インベストメント」に対して、6ヶ月間の業務停止命令を下したことを明らかにしました。

■業務停止及び業務改善命令の理由

1.債務超過となっており、純財産額が最低基準額の5000万円に満たない
2.顧客から集めた資金を、会社の運転資金に流用
3.免許を持たない業者に出資金を募らせる名義貸しの事実

業務停止は、2009年8月6日から2010年2月5日までの6ヶ月間で、この期間は金融商品取引業に係る全ての業務が行えないとのこと。

同社では、人工知能システムを使った外国為替取引や、コインパーキング「エコパーク24」、アーティストなどへの投資を謳い出資金を集めていました。

マーヴェラスキャピタルインベストメント株式会社に対する行政処分について

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事