不景気.com > 買収合併 > ローソンとマツキヨが提携、新型店舗を共同出資で展開へ

ローソンとマツキヨが提携、新型店舗を共同出資で展開へ

ローソンとマツキヨが提携、新型店舗を共同出資で展開へ

コンビニエンスストア2位の「ローソン」とドラッグストア最大手の「マツモトキヨシホールディングス」は、新業態店舗の展開などでの業務提携を明らかにしました。

それによると、両社は共同出資による合弁会社を設立し、コンビニエンスストアとドラッグストアを融合した新業態店舗を全国に展開する見込み。

その他、共同仕入れによるコスト削減や、プライベートブランド(自社企画製品)の共同開発、ITの共同活用などにより、シナジー効果を高めることが目的。

薬剤師がいなくても「登録販売者」によって大半の医薬品が販売できる「改正薬事法」により、ドラッグストア業界は競争激化が予想されます。

一方、ローソンは業界首位の「セブンイレンブンジャパン」追撃のため、「ampm」買収を目指すも頓挫。タスポ効果も一巡したことから、成長のため新たな戦略を模索していたと思われます。

ニュースリリース - ローソン

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事