不景気.com > 国内倒産 > 経営コンサル「HAMフィナンシャルグループ」が自己破産申請し倒産

経営コンサル「HAMフィナンシャルグループ」が自己破産申請し倒産

経営コンサル「HAMフィナンシャルグループ」が自己破産申請し倒産

経営コンサルティングの「HAMフィナンシャルグループ」と、関係会社の「ファンドスクェアージャパン合同会社」「ファンドスクェアージャパン」が、東京地方裁判所に自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

3社は、2005年から2008年にかけて設立された経営コンサルティングやファンド運営を行う事業者。

しかし、出資金の一部に不適切な取引が明らかになるなどしたため、計画していた「中小企業基盤整備機構」を出資元とするファンド組成が頓挫。

その後、計画が頓挫したにもかかわらず、同機構関連のプロジェクトを装い投資勧誘活動を行った疑いから、信用を失墜させていました。

帝国データバンクによると、負債額はHAMフィナンシャルが約4億5000万円、ファンドスクェアージャパン合同会社が約41億7000万円、ファンドスクェアージャパンが約1億7000万円、3社合わせて約47億9000万円の見通し。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

中小機構:当機構が出資、参画しているとされている投資勧誘にご注意下さい

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事