不景気.com > 企業不況 > 大日精化工業が子会社「ダイセコ」など2社を解散へ

大日精化工業が子会社「ダイセコ」など2社を解散へ

大日精化工業が子会社「ダイセコ」など2社を解散へ

東証1部上場で、顔料や着色剤などを扱う色彩総合メーカー「大日精化工業」は、連結子会社である「ダイセコ」「NICOLOR」の解散および清算を明らかにしました。

1979年に設立の「ダイセコ」は、大日精化が90%を出資する連結子会社。花卉(かき)の栽培・販売を中心に事業展開をしていましたが、近年の需要減や低価格化の影響で安定した収益化の道は険しいと判断、解散に至った模様。

今後は、10月30日に当該子会社での臨時株主総会を開催し解散を決議。2010年3月末までに清算を完了する見通し。

一方、ハンガリーに本拠を置く「NICOLOR」は、2003年度に大日精化が完全子会社化したフタロシアニン系原料「ブルークルード」の生産拠点。しかし、近年ではインド・中国の低価格製品が主流となる中で、業績を悪化させていました。

9月9日に当該子会社での臨時株主総会を開催し、解散を決議する見通し。

連結子会社の解散に関するお知らせ(ダイセコ㈱)

連結子会社の解散に関するお知らせ(ニコロール社)

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事