不景気.com > 国内倒産 > 「生活協同組合・道央市民生協」が破産手続開始受け倒産

「生活協同組合・道央市民生協」が破産手続開始受け倒産

「生活協同組合・道央市民生協」が破産手続開始受け倒産

北海道・苫小牧を中心にスーパーを運営していた「生活協同組合・道央市民生協」は、札幌地方裁判所から破産手続開始の決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

1961年創業の同組合は、苫小牧市のほか胆振・日高地区でスーパー「コープ」を展開。しかし、過大投資が重荷となり、厳しい経営状況に追い込まれていました。

そのため2006年には、同業の「コープさっぽろ」に吸収合併されるかたちで事業を統合。自らは、2008年に解散を決議し、清算を進めていました。

帝国データバンクによると、負債総額は約80億円

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

道央市民生協が破産手続き開始 負債80億円-北海道新聞[経済]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事