不景気.com > 国内倒産 > 宝石・貴金属卸「アサヒ真珠」が民事再生法を申請

宝石・貴金属卸「アサヒ真珠」が民事再生法を申請

宝石・貴金属卸「アサヒ真珠」が民事再生法を申請

宝飾品卸の「アサヒ真珠」は、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1939年に創業、1951年に設立の同社は、真珠製品の加工技術でよく知られる老舗宝飾品卸業者。東京本社の他に、三重県伊勢市に加工場を所有。

同社の販売する宝飾ブランド「ミマーレ」では、細かく品質表示を行う「グレーディングパール」(真珠の格付け)で、消費者の信頼を得るなどしていました。

しかし、昨秋からの景気悪化の影響で、宝飾品を中心にした高級品市場が大打撃を受け、売上が大幅に減少。また、円高による輸出減も重なり、このままでの事業継続は難しいとの判断から、法的整理に踏み切った模様。

静岡商工データによると、負債額は約28億円の見通し。

アサヒ真珠倒産情報 静岡商工データ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事