不景気.com > 企業不況 > 和装の「ヤマノHD」は返済期日延期も厳しい状況に

和装の「ヤマノHD」は返済期日延期も厳しい状況に

和装の「ヤマノHD」は返済期日延期も厳しい状況に

和装品を扱う会社等を傘下に持つ「ヤマノホールディングス」は、有利子負債の返済期限を7月末まで延期することで、金融機関から合意が得られたことを明らかにしました。

同社は、6月15日付で同負債等の返済を資金使途にした5億円に及ぶ第三者割当増資を発表しました。

しかし、監査法人が当該増資の着金(7月6日予定)を確認できた段階で監査意見を表明するとしたため、6月30日が提出期日であった有価証券報告書を提出できず、第三者割当増資は中止に追い込まれていました。

資金繰りに逼迫した同社は、6月末に償還期日を迎えた社債「5400万円」をグループ会社から借入し充当。

同様に、6月末返済期日の有利子負債「1億7600万円」(債務総額の1.1%)については、金融機関から7月末まで1ヶ月間の返済期日延期で合意に至ったとのことです。

しかし、資金調達のめどが立っている状況とは言いづらく、厳しい経営局面を迎えていることは間違いないようです。

有利子負債の返済期日の延期に関するお知らせ

Yamano Holdings

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事