不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース7/12、製造業を中心に倒産が目立つ

週刊不景気ニュース7/12、製造業を中心に倒産が目立つ

週刊不景気ニュース7/12、製造業を中心に倒産が目立つ

7月6日から12日までの1週間に起きた不景気ニュースをまとめる不景気総括。この週は製造業を中心に倒産が目立つ1週間でした。

富山のロボット製造「生産技術」(民事再生)、金属外装部品製造「京新ネームプレート工業」(破産)、機械製造「阿波エンジニアリング」(破産)が倒産し法的整理の適用へ。

また建設業では、神奈川の土木建設「芦澤建設」、兵庫の建設用鋼管製造「イズミ」、農業関連では「アグリガイアシステム」が、それぞれ法的整理を申請し倒産する見通し。

一方、製造業で世界最大の負債額(約16兆円)を抱え倒産したアメリカの自動車大手「GM」は、倒産からわずか40日程度で倒産処理を完了し、「新生GM」を発足。今後は政府支援下で再建を目指すことになります。

その他、和装品を中心に多展開する「ヤマノホールディングス」が資金繰りに逼迫しており、金融機関に対して債務の返済延長で合意したものの、今後の見通しは依然不安視される状況にあります。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事