不景気.com > 赤字決算 > USENが250億円の赤字見通し、Gyao撤退で

USENが250億円の赤字見通し、Gyao撤退で

USENが250億円の赤字見通し、Gyao撤退で

音楽放送大手の「USEN」は、09年8月期通期連結業績における純損益の予想を250億円の赤字見通しに修正したことを明らかにしました。

前回発表時には、事業売却やリストラによる経営改革の実施状況により変動要素が大きいことから、純損益の発表は行っていませんでした。

連結決算が大幅な赤字見通しになった理由として、カラオケ事業「UGA」で「販売先への債権に対する貸倒引当金を繰入」し、56億円を特別損失として計上。

その他、「Gyao」合弁化による「事業撤退損失引当金の繰入」、個人向け有線放送「MusicAirBee」の販売中止による「前払代理店手数料の一括償却」等を特別損失として計上したことが影響した模様。

USENでは4月に、傘下の人材派遣大手「インテリジェンス」で800人を削減するなど、不採算事業を中心にグループ全体で2500人を削減するリストラ策を発表していました。

また、インターネット放送「Gyao」の株式51%をヤフーに売却し合弁化したほか、「ショウタイム」を売却するなど事業整理も着々と進め、経営再建を目指しています。

業績予想の修正に関するお知らせ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事